1月 15

マンションオーナーがマンション投資をするにあたっての目的として、インフレ対策のため、という声も少なくありません。マンション投資はインフレ対策にはうってつけなのです。
まず、インフレとは物価が継続して上昇することです。物価が上がり続けると実質通貨の価値は低下します。たとえば今まで1,000円でずっと購入できたものが、ある日突然価格が値上がりし、1,050円になったとしたら、今まで1,000円払っていれば良かったものの、1,000円でそのもの自体が買えなくなってしまうのです。これは1,000円自体の価値が下がった、ということになります。

しかし、イマイチピンとこないのか、今の日本人の約99%はインフレ対策を行っていないと言われています。日本は今財政赤字が続いているので、その赤字を取り戻すには税収を大きく増やすかインフレを起こすしかありません。

そんな時のためのマンション投資です。これまでのインフレのケースで考えると物価が上昇した時に不動産の価値も上昇しています。現金のように価値が目減りすることがありませんので、マンション投資はインフレ対策に有効なのです。

国の赤字が続いている今だからこそ、マンション投資のチャンスです。


leave a reply